身近な人がうつ病の場合は、近しい人の協力が必要になります。心の拠り所となり抗うつ剤デパスを用いてしっかり治療しましょう。

デパスジェネリックの通販


家族や友人がうつ病になってしまったら

以前、うつ病は40代が多く、女性がかかりやすい病気と言われていました。

しかし、近年はその傾向が変わり、男女問わず社会人となった25歳から働き盛りの30代、40代に多くみられるようになりました。

そして、以前よりも国の保証もあってか、企業がメンタルヘルスに対して前向きに対処してくれるようになったため、うつ病をしっかり治す期間として、休職と復職の機会を利用する人も増加傾向にあります。

うつ病は誰にでもなりうるといわれている病気のため、自分の周りにも少なからずそういう人がいる方も増えたのではないでしょうか。しかし、仕事仲間として復職した場合、どう接して挙げたらよいかなど、特に上司は悩む方もいらっしゃるかもしれません。


妻の方を抱く旦那 うつ病は、基本的にまじめで完璧主義な人がなりやすいといわれています。
その為、色々なことを自分自身の内側に閉じ込めてしまい、自分自身を責めることで動けなくなってしまう方が大半です。

周囲に相談したくても、迷惑になってしまうのではとか、甘えではないかと拒否されるのではという考えから相談もできない人も多いのが現状です。そしてどんどん孤立してしまい、人とも距離を置きたいと考えるようになることもしばしばあります。

その為、まず周囲の人は、いつでも話を聞いてあげるから、何かあれば何でも話してねというオープンな態度で接することが大事だと思います。
まだ治療中の人は、お薬のせいで気分が落ち着いている時もあれば滅入っている時もあり、更にそのふり幅がうつでない人よりも大きい為、マメに話しかけるなどすると逆にしんどくなってしまうこともあります。

その為、その人が話したいという時に話を聞いてい挙げるのが一番です。
そして、話を聞いた上でもしその考えはおかしいということを言っていたとしても、あからさまに間違っていると否定するのではなく、別の視点もあるよというような提案という形で話をしてあげることも重要です。
この病気になって、自信を無くしてしまっている方も多いので全否定などしてしまうと逆に悪化する可能性もあるのです。


家族団らん また、過度な期待をかけるような言葉もあまりよくありません。本人が前向きに頑張ろうとするほど、また頑張りすぎて心の栄養がすぐ足りなくなってしまい、またひどくなるという場合があります。その為、もっと頑張ろうというような励ましもよくないといわれています。

こう聞くと、非常にデリケート過ぎて面倒になり、むしろ対応する側がうつ病になってしまう!と思う方も多いかもしれません。勿論そうなっては本末転倒です。

でも、病気になった本人からしたら、一番いいのは病気になる前の時と変わらない態度で接してほしいのが一番かもしれません。特別な病気にかかった患者ではなく、普通の人と自分は変わらないと感じることは、うつ病の人にとって一番そうなりたい希望でもあるのです。

top