エチラームとお酒を同時に飲むことで、体に悪影響を及ぼすことがあります。その危険性を説明しています。

デパスジェネリックの通販


エチラームとお酒について

薬とお酒

日常的にお酒を飲んでる人はいらっしゃるかと思います。お酒は適量なら気分転換になり、疲労回復やリラックスなどの効果もあります。しかし薬と一緒に飲むと、副作用がでることがあり症状が悪化したりします。
エチラームも例外でなく、お酒と一緒に飲むと体に悪影響があります。抗うつ剤・抗不安薬などは、お酒と一緒に飲んだことによる死亡例も報告されています。

エチラームとお酒の関係性

エチラームは気分を落ち着かせ、不安や緊張を取り除く効果があります。これらの抗うつ・抗不安作用は、お酒を飲むことにより得られる作用と似ています。
このため同時に飲むことにより体に対して非常に高い効果があり、「呼吸困難」「循環器不全」などの症状がでることもあります。最悪命に関わることもあり、睡眠中に息が止まりそのまま息を引き取ることさえあります。
エチラームはデパスのジェネリック医薬品で成分・効果は同じなので、デパスでも同じ症状がでることもあります。

数回ほど同時に飲んでもいつもと変わらないこともありますが、長期的に見ると大変危険な使い方です。同時服用を続けてると「耐性」「依存性」が形成され、効き目下がりアルコール依存症に陥ることもあります。
薬に体が慣れることにより耐性がつき、効かなくなったりします。重い症状になるとアルコールなしでは効き目を感じなくなり、薬を過剰摂取したりなどの負のスパイラルに陥ることもあります。
このようになると、もはやうつ病などを治すどころではなく大変危険な状態です。別の病気を発症することもあり、治療期間はさらに長引きます。
精神疾患を発症する人は依存症になりやすいと言われてるので、は極力注意を払わなければなりません。危険な状態にならないためにも、エチラームとお酒を同時に飲むことは避けましょう。

※こちらからエチラームの詳細を確認できます。

もしお酒を飲んだら?

解説

エチラームを常用してる間は、もちろんお酒は飲まないほうがいいです。しかし、そうはいかない人もいるかと思います。
普段から気にかけて同時に飲まないように努力をしてる人でも、仕事の付き合いなどでどうしても飲まなければならない状況もあるでしょう。飲み会などを断りたくても、断れない人もいらっしゃるでしょう。
お酒の席に参加してるのに、飲まないことは大変辛いかもしれません。しかしできるだけ我慢してソフトドリンクなどを飲むように心がけてください。

もし飲んだら、その日は飲まないようにしましょう。上記のとおり、お酒と同時に飲むことによる死亡報告もあり耐性や依存症になることもあります。危険を極力避けるためにも、努力や我慢をすることも必要です。
個人差もありますが、体重70kgの人が500mlのビールを2本飲んだ場合に体から抜けるのは約6時間です。もしこの量のお酒を飲んだ場合は、エチラームを飲むのは最低でも6時間は空ける必要があります。
「飲んだら乗るな」という言葉もあるように「飲んだら飲むな」を心がけて、エチラームの用法用量を正しく守りましょう。

同時に飲まないための対処方法

・抗酒剤の使用
あまり耳にしない言葉ですが「抗酒剤」というものがあります。アルコール依存症の治療に使用される薬で、お酒に対して非常に弱い体を作る効果があります。
お酒が嫌いになる効果があると勘違いすることもありますが、嫌いになったり飲みたくなくなったりする効果はありません。あくまで飲酒するとすぐに顔が赤くなり、頭痛や吐き気が起きやすくなります。
抗酒剤は、精神科や神経内科で入手することができます。しかし主にアルコール依存症の治療に使われる薬なので、主治医としっかり相談して使用の可否を決めましょう。

・我慢する
当たり前のことですが、我慢するとしないでは大きく異なります。お酒を我慢したり、辞めたりするのはとても辛いことだと思います。
しかし将来を見据え「今我慢すれば病気は良くなる!」「お金も節約できて一石二鳥!」などと前向き考えましょう。
お酒を飲むことは、自分で自分の首を絞めるのと同じことです。病状を一日でも早く回復させるためにも、日々の我慢が大事です。

・周囲に協力してもらう
自分の意思だけでは、心が折れてしまうことがあるかもしれません。そのような時は、「禁酒中」などといい周囲に協力してもらいましょう。
精神疾患は人に話しにくい病気かもしれません。そのような時は無理に話をせず、減量のため禁酒などと言っても良いでしょう。
また「ドクターストップ」などと、医者から止められてることも説明しても良いかもしれません。お酒の席を共にしないことにより付き合いが悪く見られることもありますが、医者の責任にすればそうは見られないこともあります。
最も重要なのは病気を治し、元気な生活を取り戻すことです。挫けそうになった時に最も頼れるのは、周囲の理解ある人です。

デパスジェネリックの通販

top