うつ病が原因で引きこもると過食症や運動不足に陥るため肥満になります。更なる病気を防ぐため早めにデパス等で治療しましょう。

デパスジェネリックの通販


うつ病患者と肥満の関係性

ケーキを食べる女性 年々増加傾向にあるうつ病患者数ですが、うつ病になると食事量にも変化が出るといわれています。

元々うつ病は何かしら非常に大きく処理することのできないストレスが精神的に負担をかけた際に発症する病気ともいわれています。

病理学的には、脳内のエネルギーの欠如や神経の伝達物質不足、伝達機能が正常に動いていないことから引き起こされるといわれています。

よく女性に言われるように、ちょっとしたストレス解消に甘いものを食べるなどが挙げられるように、人がストレスを解消する方法として、沢山食べて欲求を満たすという方法があります。

食欲は、人間の三大欲求のうちの一つでもあります。
そしてこの欲求というものは、脳内のホルモンとも関係しています。

人は意外にも幸せを感じることが多くなると、幸せを感じるホルモンが脳内に満たされることにより、欲求に偏りがなくなります。
その為、食欲についてもそんなに沢山食べなくてもOKな状況になります。

しかし、この脳内ホルモンがバランスを崩せば、欲求を満たそうとして食欲過多の状態になります。

しかし、どんなに食べても脳内の幸せを感じるホルモンが増えない状況が続いてしまうと、不安という感情が増えてしまうため、食欲が減退してしまうようにもなってしまいます。
その為、うつ病を患っている人には過食傾向に走る人と拒食傾向になる人と2種類存在するようです。

どちらの場合も同じように健康を害するため、食事に対して気を付けなければならないのですが、最も注意しなければならないのが、過食傾向の人です。
過食になれば、勿論肥満になります。

拒食の場合、足りない栄養素を補うという方向で治療ができますが、肥満の場合、余計な脂肪が体の器官に溜るため、簡単に取り除くことも出来ないため、慢性的な病気を引き起こしかねません。

肥満による病気は、沢山あることをご存知だと思いますが、高血圧、高脂血症などの循環器系の疾病だけでなく、糖尿病や悪性腫瘍などのがんのリスクも高まります。

太った猫 更にうつ病なると、引きこもってしまうことも多いため、運動不足からの肥満傾向も増大します。

この病気の患者の治療法にも、軽い運動を行う治療も入っているように、体を動かすことは、筋肉だけではなく脳を動かします。脳を動かすことで感情にも変化が出てきます。

そうすることが改善につながるのですが、なかなか運動をするという行動を起こしにくいというのも現状にあります。その為、どんどん体はさび付き、老廃物もたまりがちになってしまうこともあって、肥満にもつながります。

このように、一つの心の病気は、必ず何かの副産物を生みかねません。
その為、常に心身共に健康でいることが如何に大事なことかが思い知らされます。

top