年々増加しているうつ病患者ですが、うつ症状にはデパスやレクサプロ、パキシルといった抗うつ剤を服用する治療が効果的です。

デパスジェネリックの通販


抗うつ剤ランキング

うつ病の症状

うつ病とは精神疾患の一種で、気分障害に該当します。
うつ症状の特徴としては、食欲の低下、睡眠障害、意欲や周囲への関心の低下が考えられます。

症状は人によって軽傷~重症がありますが、うつ症状が重症化すると最悪の場合として自ら命を絶つ自殺の欲が湧いてくる事もあります。

またうつ病は生活習慣病や脳梗塞による脳障害、パーキンソン病などの病気に合併することが非常に多くなっています。

初期症状として「不安感」を抱え、日々生活している人があげられますが、約半数は趣味や運動などなんらかの方法で初期症状のみで自分でも気づかずに普段の生活に戻っていることがあります。

落ち込む女性 うつ病は一日の間でも症状の浮き沈みがとても激しく、朝はうつ状態、しかし午後はいたって普通の状態、夕方以降にまたうつ状態になるなど、変化が激しい病気でもあります。

平均的に多いパターンとしては、朝の症状がひどく、夕方になってくると症状が回復傾向にある患者さんが多いです。

うつ病は精神病でもあるため自分一人で改善することはとても難しく、自他ともに気づきにくく言わないと分からないので、宇うつの症状がある場合は身近な人には理解を求め、しっかりと治療する必要があります。

治療の方法としては、十分な休養をとることや、抗うつ剤などのお薬による治療法があります。
休養はお薬を併用しながら行っていきますが、責任感が強い人や、几帳面な人なんかだとなかなか休養とろうともしません。

休養を取らずに普段通りの生活をしていると、さらにストレスが溜まったりして悪循環が生まれたり、逆に症状を悪化させてしまう恐れもあるので、休養も仕事のうち、良い仕事をするためにも身体があってこそ、と割り切って休養はとるようにしましょう。

増加するうつ病患者数と時代背景

うつ病は今では誰でもなりうる病気として一般的化しており、現代病といっても過言ではない病気になっているのではないでしょうか。

うつ病は、憂鬱な気分が2週間以上続き、日常生活を送ることが難しくなるような事態に陥ってしまう気分障害です。

医学的見地によれば、脳内のエネルギー不足や神経伝達がうまく機能していないことから起こる障害だともいわれています。

そしてうつ病は1990年代以降、爆発的に増加しています。

厚生労働省が1996年に調査した結果、気分障害患者数は約43万人だったのが、翌年には更に10万人増え、2008年には約104万人と10年ほどであっという間に50万人も増加している状況です。また、近年では震災が続いているため、一過性だとしてもこれより更にに患者数が増えていることは簡単に想像できるでしょう。

グラフ なぜ、これだけ増えてしまったのでしょうか。
大きな理由として、まず一つが職場のIT化が言えます。

現在うつ病の大半が職場うつといっても過言ではありません。

丁度ウィンドウズが日本社会に普及し始めたのが、1994年以降になります。ここから、職場にもパソコンが常用されることが増えたことで、仕事の仕方がどんどん変わりました。仕事に更なるスピード感が求められ、景気があまり良い状態でなくなったこともあり、企業でも効率化と生産性のアップを図ることがモットーとなりました。

また、インターネットも普及し始めたことから、コミュニケーションの取り方やあり方も変わってきました。

人が人を教えることが常であった社会が、パソコンを使った方法での勉強やインターネットを調べることで得る知識が増えたことで人と会話をするということが極端に減ってしまいました。

それは、職場でも同じことが言える状況になっています。

そして、インターネットの普及からグローバリゼーションが広がったため、急激で過酷な労働環境も増えたこともあります。

その他、文化や家族環境の変化も挙げられます。

近年の景気後退により夫婦の共働きが増え、社会への女性進出が取り上げられていることからも分かるように、父が働き、母は家で家事をしという形の家族が減ってきています。そして父親が激務、母親がパートで家にいない、更にゲーム機や携帯などの通信文化も増えたことから家族として集まる時間がかなり少なくなっているため、家族内で個人化が進み、コミュニケーションや人との関係性の結び方を学ぶ場が減ってしまっていることも一つの要因です。

それ以外にも多様な要因があるのですが、書ききれないほど様々な要因が絡み合って、現在の患者急増につながっています。

そして、総じて文化の進化に対し、人の営みがそれについていけないために起こっている病気とも言えるのではないでしょうか。

うつ病に効果があるお薬

うつに効果的な薬 うつ病のお薬として一番効果的なのはデパス というお薬で、うつ症状を持っている人にはなくてはならないお薬となっています。

デパスは、気持ちをリラックス状態にしてくれて、不安感や緊張感といった自分にとってマイナスの要素を取り除く作用がある抗うつ剤です。

お薬の効果はうつ病だけではなく様々な要素に作用してくれるので、自律神経の乱れなども整えてくれます。

チエノジアゼピン系に分類 され、この種類のお薬の中では比較的効果は高く、副作用はすくない安全性の高いお薬 となっています。

副作用の心配はほとんどありませせんが、突然服用を止めてしまうと離脱症状が出る場合がありますので、絶対に急に止めたりせず、減薬をしてから止めるなどの注意が必要です。

うつ症状に効果的なお薬ランキング

エチラーム(デパス・ジェネリック)

エチラーム エチラームは、デパスの主成分であるエチゾラムを含んでいるだけでなく、効果や作用はそのままにコストを軽減できるジェネリック医薬品です。

抗うつ剤なので不安神経症の治療に効果があり、気持ちをリラックスさせ不安や緊張感を和らげ気持ちを落ち着かせる作用があるので睡眠薬としても医療機関などで処方される事があります。

心を落ち着かせるという点からエチラームは心身症、神経症、睡眠障害、パニック障害などの治療にも適しています。
更にエチラームは抗うつ剤としてだけではなく、緊張で固まった筋肉を緩める筋弛緩作用もあるので、肩こりや背中の筋肉の張りなどの症状の改善にも適しています。

副作用もほとんどありませんので、安心してご使用になれます。
服用方法についてはしっかりと守ることで離脱症状なども起こりにくくしてくれます。

※エチラームについてさらに詳しく見る

デパス

デパス デパスは田辺三菱製薬が製造している抗うつ剤です。
有効成分はエチゾラムで、成分が神経系に働きかけ鎮痛作用の効果を発揮します。

鎮痛作用を経て、緊張や不安を和らげてくれるだけではなく、筋肉の方の緊張の緩和にも繋がります。
また睡眠導入剤にも似た効果があり、なかなかスムーズに寝つけない場合などにも有効です。

デパスには異名があり、マイナートランキライザーとも呼ばれています。
抗不安剤の中でも効果が穏やかなため幅広く処方される万能薬で、多く人から支持を得ています。

レクサプロ

レクサプロ レクサプロは日本における最新の抗うつ剤です。
うつ症状にはもちろん、対人恐怖症や精神不安障害、パニック障害などにも効果があります。

主成分はエスシタロプラムシュウ酸塩で、この成分はセロトニン系の神経にのみ作用する特徴を持っています。

レクサプロは、従来の抗うつ剤に比べて、くちの渇きなどの副作用が軽減されているため、非常に人気が高いお薬です。

パキシル

パキシル パキシルの有効成分はパロキセチンでうつ状態やうつ病、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害、外傷後ストレス障害PTSDなどに適用されるお薬です。

憂うつな気分を和らげて精神を安定させるとともに、意欲を高める働きがあります。

脳内にあるセロトニンに働きかけて、不安やイライラを解消し、意欲低下や食欲不振、不眠などを改善する効果もあります。

エスシタデップ(レクサプロ・ジェネリック)

エスシタデップ(レクサプロ・ジェネリック) エスシタデップ(S-Citadep)はシプラ社が製造しているレクサプロのジェネリック医薬品です。

レクサプロと同一成分であるエスシタロプラムを有効成分とした抗うつ剤で、うつ症状はもちろんのこと、対人恐怖症やパニック障害、社会不安障害、ストレス障害などの改善に効果があります。

第三世代の抗うつ剤で、セロトニン阻害薬に分類されます。
セロトニンのバランスを保つことでうつ症状を抑制します。



top